{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

刺し子織の風呂敷

¥5,940 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • (生地×糸)茶×黒

    残り2点

  • (生地×糸)黒×茶

    残り2点

  • (生地×糸)グレー×紫

    残り1点

  • (生地×糸)黒×グレー

    残り1点

  • (生地×糸)朱×ベージュ

    残り2点

  • (生地×糸)白×グレー

    残り2点

  • (生地×糸)カーキ×ベージュ

    残り2点

  • (生地×糸)浅葱×濃紺

    残り2点

  • (生地×糸)濃紺×緑

    残り2点

  • (生地×糸)紺×ベージュ

    残り2点

  • (生地×糸)濃紺×浅葱

    残り2点

〈商品説明〉 機械で織った刺し子織の風呂敷。他には真似のできない複雑な柄行き、柔らかな風合い、耐久性を兼ね備えた逸品です。 この風呂敷を織っているのは大峽健市さん。染色家の柳悦孝氏に師事し、見た目の良さだけではない「使って良さがわかる」織物を長年作り続けています。マルチクロスとして様々な用途にお使い頂けます。 サイズ 約108cm×108cm 素材 綿100% 産地 福島県月舘町 (三和織物) 〈仕入れの話〉 「月舘町にすごい職人さんがいるらしい」をいう話を耳にしたのは東日本大震災からしばらく経ったころだ。当時、大峽(おおはざま)さんの織物は「MADE IN 福島」というのもあって注目されていて、ほぼ日手帳のカバーにも選ばれたりしていた。 でも大峽さんは震災のずっと前から織っていた。若いころに師匠に相当鍛えられたそうで、「何度もダメ出しをされたが、その経験のおかげで色んなものが織れるようになった。今があるのは先生のおかげだ」といつも仰っている。糸の選び方、織る時のテンションのかけ具合。大峽さんにしか分からない「塩梅」の積み重ねがこの織物を生んでいるのだろう。 「やっと織物のことが分かってきた。今が一番充実しているな!」というお言葉には感服するばかり。頼もしい。 ※商品の詳細については下記の問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。