new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

すず竹(篠竹)の小さなかご

19,800円

送料についてはこちら

SOLD OUT

〈商品説明〉 コロンとした形とぱくっと開いた口が何かのキャラクターのようなかわいらしい籠。持ち手が大きいので持ちやすい。おにぎりやサンドイッチを詰めてピクニックにでも行きたくなりそうです。 サイズ 縦16㎝(持ち手を含むと29㎝)×横23㎝×マチ15㎝ 素材 篠竹(すず竹) 産地 岩手県二戸郡一戸町 〈仕入れの話〉 4月17日、桜前線を追うように高速道路を北上、岩手県二戸郡一戸町鳥越を目指す。盛岡市を過ぎ、雄大な岩手山のすそ野を走る。福島市から約4時間350㎞の移動、一戸町の桜はまだ堅いつぼみ。 鳥越神社下のもみじ交遊舎へ。おばあさんが二人、すず竹を割ったひごの仕上げをしている。ここ数年120年に一度のすず竹枯れで材料が思うように揃わず、しかも若芽が育って材料になるまでには10年から20年はかかるという。それでも山に入り、少しずつでもすず竹を探して編んでいるという。 もみじ交遊舎、いちのへ手技工芸館、縄文の里、小鳥谷道の駅でそれぞれ少しずつ竹細工を分けてもらい、一戸町のドライブインで遅い昼食。中華がメインの食堂の窓際に竹かごが4点展示してある。聞けば知り合いの80歳の女性が作ったものだという。鳥越竹細工を探しに福島から来た、と言うと格安で分けてくれるとのこと。一戸町は町中華までが竹細工を商う町だ。

セール中のアイテム